泰山企业について

首页 泰山企业について 会社概要

1950年10月26日に创设された泰山企业は、詹玉柱4兄弟が员林に益裕制油工场を设立したことから出発し、専门の食品工场として発展して、すでに3代に渡り受け継がれています。泰山の初期はサラダ油、畜産饲料及び缶诘制品の输出などで利益をあげ、1973年に泰山油脂工场と食品工场を田中に建设したことで、泰山の壮大な基础が打ち立てられました。1984年より、泰山企业は「伝统グルメの近代化」策略に基づいて国内市场に参入し、仙草蜜、八宝粥等の缶诘め甘味の展开に成功。国民生活消费食品市场における安定した地位を确立し、1989年には株式市场に上场しました。

品质は泰山の资産であり、永続の为の命纲である。1993年に泰山は食品业界で初めて国家品质赏の栄誉を获得し、翌年に食品业界をリードしてISO9001认证を取得。毎年厳格になっていく确认监査とともに、泰山の管理品质を现代の足并みに揃えています。2013年に泰山はFDA认证を取得。また、北米のコストコ品质システム监査をクリアし、アメリカ・カナダの输出注文を取得。2014年10月に泰山食品工场及び泰山油脂工场が、食品安全における最高レベルの规格管理である、SQF-LEVEL3认证を取得。この他、2016年にいち早くISO9001:2015管理プロセスを実施し、品质管理から経営管理に発展させました。

早年、泰山では搾油により豆粉业务が生まれ、そこから饲料制造及び家畜畜産业务が派生し、现在水産饲料制造及び北斗牧场の豚の畜産运営が顺调に行われています。2014年に泰山北斗牧场は环境制御型豚舎の食肉豚舎の建设が竣工。薬物による成长促进を行わない人道的な饲育方法により、近年では高级レストラン业者が指定する食肉制品の供给源となっています。また、フランスのカルフールの実地调査を経て、CQL认证を取得しました。これらの认证全てが泰山の制品の品质及び细部に渡る管理に対する评価を示しており、消费者の皆様のために、産地から食卓まで、全段阶で厳格な検査を行っています。

さらに、台湾の本业における努力だけでなく、泰山は1997年に漳州食品会社を设立し、中国へ版図を拡大。同年に中联油脂有限株式会社に投资し、さらに、1999年にファミリーマートに投资、2016年にはファミリーマートの持株比率を约20%に维持し、安定して利益を获得しています。

泰山企业は异なる时代のトレンドにおける消费者の様々なニーズに対応し、食品制造业から中国に跨る多角化経営のグループ企业へと発展しました。食品の安全を守る事が泰山の使命であり、原材料の厳选に力を注ぎ、自然の风味を生かした美食を生み出しています。また、独自の研究开発力と制造技术を応用し、より优れた品质を追求。生産と贩売の一元化、フレキシブルな贩路経営、顾客とともに売上げを成长させ、消费者のニーズに注目し、顾客の口コミで信頼される泰山ブランドを确立。

  このように、泰山の社员の情热あふれる実践的な経営によって、お客様から信頼を得ています。泰山企业の人気商品として、泰山纯水、泰山冰镇シリーズ商品、泰山仙草蜜、泰山八宝粥、泰山の各种家庭用油などの制品があります。国民の健康を考え、泰山は既に商品への糖分の使用を减らし、また、天然の现地の原材料の使用への切り替えを行っています。今後も引き続き研究开発を行い、味と品质を兼ね备えた商品の発売をすることで、消费者のニーズを叶え、消费者にとって「最も信頼できる企业」を目指します。